コンテンツへスキップ

この記事で分かること
「アレルゲンなど危険成分は?」
「アトピーやニキビ肌には合っている?」
など

ルシードエイジングケア化粧水UV120mL
スポンサーリンク


目次

ルシードのエイジングケア化粧水UV の基本情報

ニキビ・アトピー肌の方のレビュー

アレルギーなどの成分解析


ルシードのエイジングケア化粧水UV の基本情報

メーカーホームページより
コエンザイム Q10配合(保湿) ※1 浸透性アミノ酸配合(保湿) ※2 SPF28、PA++
乳化粒子(油分を含む粒子)を小さくすることで、
塗布時のベタつきを低減
※1 ユビキノン
※2 アセチルヒドロキシプロリン
無香料、無着色 防腐剤フリー 容量:120ml

ニキビ・アトピー肌の方のレビュー

では乾燥肌や敏感肌の方のための成分解析を見てみましょう。

成分一覧

水、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、グルコース、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化K、結晶セルロース、PEG-50水添ヒマシ油、PEG-100水添ヒマシ油、EDTA-2Na、カルボマー、アセチルヒドロキシプロリン、キサンタンガム、ユビキノン

以上のような成分になっています。防腐剤や香料などを使用していないため、低価格商品ですが添加物など徹底してピュアなものになっています。
そのためアトピーやニキビの方の肌にも低刺激で安全に使用出来ると言えます。

ではより詳しい成分別の解析をしてみましょう。

スポンサーリンク

アレルギーなどの成分解析

では成分の解析を見てみましょう。

アセチルヒドロキシプロリン=保湿効果

カルボマー=水溶性で医薬品にも広く使われますが、毒性や肌へのダメージに関しては評価の分かれる所。

今のところ肌トラブルなど目立って悪評の報告はありませんが、過去に使用して炎症などトラブルがあったコスメに「カルボマー」が含まれていたならばこちらの商品も少量ずつ手の甲などでお試し下さい。

スポンサーリンク

この記事で分かること
「効果は? 使用者による徹底レポート」
「成分は安全? 危険な化学成分をリストアップ」
など

ルシードエイジングケア化粧水UV120mL

スポンサーリンク


目次

ルシードのエイジングケア化粧水UV 120mLの基本情報

敏感肌・乾燥肌など肌別解析

効果の使用者レポート


ルシードのエイジングケア化粧水UV 120mLの基本情報

40才からのエイジングスキンケア。紫外線ブロックによるシミ予防&肌にハリを与える。無香料・無着色・防腐剤フリー、スムーススキンケア処方でベタつき白浮きがなく快適に使える使用感。
基準価格=アマゾン1080円

敏感肌・乾燥肌など肌別解析

スポンサーリンク

では成分の一覧を見てみましょう。

水、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、グルコース、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化K、結晶セルロース、PEG-50水添ヒマシ油、PEG-100水添ヒマシ油、EDTA-2Na、カルボマー、アセチルヒドロキシプロリン、キサンタンガム、ユビキノン

この中でアトピーやアレルギーの方、もしくは敏感肌や乾燥肌の方など肌トラブルの多い方が警戒すべき成分をピックアップしますが、見たところ上記の成分には特別毒性や避けた方が良いものはありません。

低価格なコスメの中では比較的自然の成分や高級コスメに使用されているようなメトキシケイヒ酸エチルヘキシルも配合されているので、コスパも十分でしょう。

もちろんアレルギーなどがある方は、事前に手の甲で試すなどして安全にお使いください。

効果の使用者レポート

期待出来る効果:紫外線予防・シミやたるみの改善など

無香料・無着色・防腐剤フリーなので安全に使用することが出来ます。

現在発売開始間もないので、使用者によるレビューは投稿されていません。投稿があり次第更新していきます。

スポンサーリンク